プログラミング言語

プログラミングの仕事レベルってどのくらい?今注目の言語も紹介!!

現在、プログラマー不足であるIT業界。

これからさらにプログラマーの需要が増えると予想されており、

「この波に乗りたい!」と考えている人も多くいることでしょう。

早くプログラマーとして働きたいと思う反面、こんな不安も。

今の自分のスキルで企業に就職なんてできるのかな?

どのくらいのレベルになったら仕事がもらえるんだろう?


勉強は始めたけど、そこで足が止まっている人もいるはずです。

実は、初心者のプログラマーはどんどん増えているのが現状ですが、

全員がすぐに稼げているわけではありません。

中には、途中でプログラミングを挫折する人も少なくありません。

積極的に学ぶことで自分のスキルは磨かれていきます。


そこで今回はプログラミング初心者が

どのようにしたら仕事をゲットすることができるのか、

流れやポイントについて説明していきたいと思います。

また、今勢いのあるオススメのプログラミング言語についても

紹介しているのでチェックしてくださいね‼︎


最近プログラミングの勉強を始めた人や転職を考えている人の

参考になれば嬉しいです。

プログラミング初心者が仕事をゲットする方法

プログラミマーとしての働き方は大きく2つあります。

大雑把に分けると「企業で働く」または「フリーランスで働く」のどちらかしかないです。

そこで、それぞれどのようにして仕事を獲得していくのか説明します。


企業で働く

プログラミングの初心者で自分のスキルに自信がないという人にはとてもオススメです

理由はいくつかあります。

  • 分からないときに質問できる
  • 新人研修で効率よく学べる
  • 安定して収入が得られる
  • 実務実績がつめる
  • いろいろな情報をゲットできる

プログラミングを行う上で必ず直面するのがバグです。

どこを間違っているのかを探して改善しなければなりませんが、

独学(フリーランス)で取り組んでいると、自分で対処しなければなりません。

そんなときに誰かに聞くことができるというのはとても心強いです。


また、プログラミングの世界では実績がとても大切です。

能力のある人には高時給の仕事が回ってきますが、能力のない人にはもちろん回ってきません。

あなたに能力があるかないかを証明するためには実績が必要不可欠です。

企業で実務の経験をたくさん積めるということは後々のキャリアアップにも大きく役立つはずですよ。

収入をもらいながら、たくさん学んで実績がつめるなんて、いいことづくしです‼︎

まずは、企業で1・2年実務経験を積むことから始めてみてはいかがですか?


企業に就職することのよさは分かったけど、そもそもプログラミングを少しかじったくらいの僕を採用してくれるところなんてあるのかなぁ?

はい、たくさんあります。

プログラマーの求人を見てみると、「初心者歓迎」「未経験OK」という条件の求人はたくさんあります。

そして、業務の内容や、メインのプログラム言語についても説明が載っているので、自分が興味をもった企業に応募するといいですよ。

そして求人を見たら気付くと思いますが、未経験者と比べて経験者の方が給与は高いです。

実績がそれだけ重要だということです。

ですが、逆に自分の経験値をあげさえすれば、そのような仕事もできるようになるということです。

まずはしっかりと実力をつけていきましょう。

ただし、未経験求人には闇がある


フリーランスで働く

時間や場所を選ばず、自分のペースで仕事をしたいという人には「フリーランス」がおすすめです。

どのように仕事を得るかというと、

  • フリーランスの人向けのエージェントから仕事を受ける
  • クラウドソーシングサービスを利用する
  • 知り合いや企業から直接依頼を受ける

このような流れがメインになります。

しかし、フリーランスを目指す場合には、やはり「実績」が必要不可欠です。

例えば「企業のウェブページを作成した」「オリジナルアプリを作成した」「計算システムを提供した」など、あなたの実力を示せるものです。

  • 既存のウェブサイトを模倣して作る
  • 簡単なアプリを作り、応用して高度なものを作る
  • 知り合いから簡単な仕事の依頼を引き受ける

このようにとにかく「まずは作ってみる」ことから始めましょう。

作っていたら間違いなく問題にぶち当たります(笑)

それを解決していくことで新しい知識が増え、スキルを上げられるので、どんどん取り組むといいですよ。

そして、一つ仕事の依頼が来たら、またそれが実績となるので、

単価の高い仕事も任せてもらえるようになるはずです。

プログラミング初心者からフリーランスになった人もたくさんいるので、

自分のレベルに合わせた仕事から始めてみるといいかもしれませんね。


激アツ‼︎今注目のプログラミング言語とは?

これからプログラマーを目指す人で、今プログラミングの勉強をしている人も多いかと思います。

実はプログラミング言語は世界に200種類以上あるってご存知でしたか?

これだけたくさんある言語の中で、

どのスキルを身につけるかってとても大切ですよね。

現在日本の求人で多いプログラミング言語といえばJava、JavaScript、PHPなどが挙げられます。

もちろんこれらの需要のあるものはあって困らないので積極的に学んでいきましょうね‼︎

ただし、これからプログラマーがどんどん増えていく中で、自分が勝ち残るには、ライバルとの差別化が必要です。

そこで、今後さらに需要が高まるであろう激アツのプログラム言語を紹介していきます。自分の武器をどんどん増やしていってくださいね。


Python(パイソン)

Pythonは毎年人気ランキング上位の常連です。

なんとYouTubeやInstagramなどはPythonのサービスなんです。

コードがシンプルで、かつライブラリの数が豊富なので、

様々なプログラムが簡単に作れるということで初心者にもオススメです。

教育の分野、人口知能分野、機械学習分野でも使われていることが多いため、

これから日本でもより需要が高まることが予想されます。

学習していて損はないです‼︎


Ruby(ルビー)

Rubyは1993年に日本人のまつもとゆきひろさんが開発を始めました。

この10年くらいで大きな注目を集めており、現在では世界中の人たちに使われています。

まさに日本の誇りですね‼︎

そんなRubyは美しく芸術的で、かつ利便性があると表現されています。

なぜならコードがシンプルで、作業効率がとてもいいからです。

またフレームワークがあるため、開発工程が大幅に短縮されることから、

採用する企業も増えています。

特にウェブ開発に興味がある人は外せません。


Go言語(Golang)

Go言語は2018年度のプログラミング年収ランキングでなんと1位を獲得しました‼︎

2009年にGoogleが発表し、ドワンゴやメルカリ、サイバーエージェントなどの人気企業でも採用されています。

コードがシンプルで分かりやすく、ライブラリが豊富なのも魅力です。

そして何よりも処理速度が速いことが最大のメリットです。

作業一つ一つに時間がかかっていては、どうしても効率が悪くなってしまいますからね。

まさに、ユーザーのニーズに応えたプログラム言語といえます。

これからさらに需要が高まることが予想されるので、要チェックですよ‼︎


まとめ

プログラマーは実績が大切ということはお分かりいただけたでしょうか?

プログラミングの勉強ももちろん大切ですが、

それを生かして初めて意味が生まれます。

自分自身の実力や課題を確かめるためにも、どんどん実績を作ってください。

そして、積極的にアピールしていきましょう。


また、最新の情報(トレンド)をいつも取り入れようとする意識も大切です。

  • Python(パイソン)
  • Ruby(ルビー)
  • Go言語(golang)

積極的に学ぶことで自分のスキルは磨かれていきます。

自分の武器を増やして、ライバルと差をつけていきましょう‼︎

ABOUT ME
アバター
tanaka89
こんにちは。 パソコンがあれば何でもできる世の中になってきました。 情報、もの、人と繋がれるって素敵ですよね。 日々の生活に感謝しながら、毎日パソコンをカタカタしています。 みなさんに役に立つ情報や、ホッと安心できるような情報を発信していきます。 みなさんも疲れたときはコーヒーでも飲んでリフレッシュしてくださいね。