ポテパンキャンプ

オリンピック後の不況で揺れ動く転職市場 プログラマーが生き残るには

こんにちは、中田です。

今年、2020年に東京でオリンピックが開催されます。海外からオリンピックの観戦に来る観光客で、日本はとても賑わいそうですね。

しかし、オリンピックが終わると賑わいから一転、不況が訪れると言われています。不況の影響で就職氷河期に入り、就職が難しくなりそうです。

「不況のせいで、就職も転職も出来なくて、明日も食べていけるか心配」という状況に陥る可能性だってゼロではありません。

そこで今回は、
・オリンピック後の不況による就職氷河期の影響
・オススメの職業
・IT業界の雇用の現実

について話していこうと思います。

1.五輪後の不況で就職氷河期が到来

例年オリンピックの開催国は、大会終了後に不況に陥ると言われています。実際にその通りになる例がいくつもあります。

例えば、前回大会の2016年ブラジルのリオデジャネイロオリンピックの後、ブラジルでは不況に陥り、抗議デモや暴動が起きたり、ブラジル国立博物館が燃やされたりと荒れています。これは決して日本も他人事ではありません。


そのため、 オリンピックが終わると、就職が難しくなると言われています。 就職が難しくなる要因は主に、不況の影響による企業コストの削減で新卒採用を減らす動きにあります。少子化の加速とオリンピック後の不況の影響で雇用がとても少なくなる可能性が高いです。

AI技術の進歩による影響も

AI技術の発達により、あらゆる業務が人の手を使うことなく自動で遂行され、様々な職業が人工知能にとって代わられると言われています。

また、コーディングもAIで出来るようになり、プログラムコードが書けるだけでは、AIに仕事を奪われて職を失う可能性が大いにあります。

この問題は、オリンピック後に限った話ではないですが、近い将来に起こると言われています。データ入力作業員などの誰でも出来る仕事は失う可能性が高いです。そのため、さらに就職が難しくなることが予想されます。

2.エンジニアの転職がオススメ

不況の世の中でも就職や転職にオススメなのが、エンジニアという職業です。

IT業界では常にエンジニアの人材不足に悩まされています。自社でサービスを作りたいが、自社の人材不足のため致し方なく外注せざるを得ない企業も多いのです。そのため、エンジニアは転職市場ではとても人気が高いのです。

また、ITは急激に発展しているので、エンジニアを雇いたいという企業も多いです。その点からは就職や転職に有利と言えます。

また、学習環境も整っているので、誰でも短期間でスキルを身に付けられることも、就職や転職においては魅力的です。

五輪後エンジニアの転職は難しくなる

しかし人材不足にもかかわらず、オリンピックが終わるとエンジニアへの転職も難しくなります。

国内の景気が悪化することで、IT業界にも影響します。売り上げの減少によりリストラを敢行しなければならなくなり、求人数や採用人数も少なくなります。転職を果たすことができるエンジニアは、経験やスキルがトップレベルに豊富である人材に限られるでしょう。

3.何から始めればいいの?

東京オリンピックの開催は7月。もう間近に迫っています。今のオリンピックまでの転職の機会を逃してしまうと、このまま一生エンジニアへの転職を果たすことができないまま終わってしまいます。
「あの時頑張っていれば今頃辛い思いをすることはなかったのに」と後悔したくありませんよね。

しかし、「一体何から始めればいいの?」と思う方が多いと思います。そこでオススメなのが、Ruby専用のプログラミングスクール「ポテパンキャンプ」に通うことです。

【ポテパンキャンプ】

ポテパンキャンプでは、RubyやRuby on Railsを専門的に行い、webアプリケーションの開発を行えるスキルを目指しています。

ポテパンキャンプに通うことで、webサービスの実践的なスキルを身に付けることができます。また、転職のサポートが充実しており、web系自社開発企業への転職が可能になります。

また、実戦力を培うことで、即戦力として企業に採用される可能性をグッと引き上げることができます。

ポテパンキャンプに関する記述を下に載せておきます。一緒に読むことをオススメします。

4.最後に

東京オリンピック後の不況の波に飲み込まれないように、今すぐ行動に移しましょう。オススメの業界はIT業界です。

ポテパンキャンプは、転職を前提とされたプログラミングスクールです。まずは無料カウンセリングを受けてみることからでもいいので、行動を起こすことが大切です。

オリンピック後の不況に巻き込まれる前に体験にいきましょう。

【ポテパンキャンプ】

ABOUT ME
nakata
nakata
こんにちは、nakataです。 私は現在、大学の情報系の学部に通いながら、授業や独学でプログラミングを勉強しています。 主に皆さんに役立つプログラミングに関する情報を発信していきますので、よろしくお願いします。