イチオシ記事

無料なのに違約金がないプログラミングスクールがあると評判を聞いて

どうもこんにちは、
IT転職コンサルのじゅうきちです。

最近は、
LaravelとDockerばかりさわってます笑

今日は
以前からもの凄く需要があった
『違約金がない
無料プログラミングスクール』
について書きます。

そのプログラミングスクールは
プログラマカレッジです。

プログラマカレッジ公式LP

東京の
半蔵門駅の近くにあるスクールです。
僕もいったことあるんですよ。
まぁまぁ高いビルでした。

こういう環境で勉強できると、
かなり集中できますよ。

この日は
2020年の2月29日で
まぁまぁ
コロナの危機感がある感じでした。

それにもかかわらず、
ほぼ満員。
椅子が
かなり座りやすかった
のを覚えています。

プログラマーは
座っていることが多いので
いい椅子を使っているのは、
感心しました。

ちなみに今は
オンライン
で説明会やってるようです。

オンラインだと交通費すら、
かからないので気軽に
体験ができちゃいます。

残念ながら
東京にしかないです。

やっぱり
エンジニア転職は
圧倒的に関東が有利です。

意外にも
場所は同じく無料スクール
のGEEKJOBの近くです。

プログラマカレッジは
3つのコースがあります。

  • 平日5日間コース
  • 週3夜間コース
  • 個別学習コース

じゅうきちなりに考えた結果、
平日5日コースについて書いていこうと思いました。

追記:ちなみに動画を撮りました。

無料プログラミングスクールの唯一のデメリットを克服したと言えるプログラマカレッジ

これまで
「無料プログラミングスクールはオススメしない」
という意見が一部ありました。

その多くの理由は
「途中で辞めた場合に違約金がかかること」です。

だがしかし、
プログラマカレッジは
これを克服した
無料プログラミングスクールになります。

途中で
やめても
違約金がかかりません。

たった
これだけですが
マジで転職がやりやすくなります。

僕も最初に
それを知った時は
驚きました。

金銭面では、
まじでノーリスクじゃん

って思ったからですね。

違約金なしのメリットをフルで活用する3つの戦略

1.Twitter転職と併用

ツイッター転職は
文字どうりツイッター
を使った転職になります。


転職エージェントを
経由しないため、
企業に優しい採用方法になっています。

例えば、

こんな風に募集すると
企業様からDMなどからお誘いがきます。

基本的は
プログラミングスクールを通いながら、
ツイッターの発信を頑張ることで

色々な会社との接点を
作ることができるわけです。

2.Wantedlyとの併用

wantedlyは求人サイトですが
掲載費が非常に安いのが特徴です。

そのため、
多くの自社開発企業や
受託企業
が募集をやっていたりします。

ツイッター転職と同様、
応募の絶対数を増やすことによって
数打ち戦略ができるのです。

3.ブラック企業を確実に避けれる

仮に、
不本意な会社から内定出ても蹴れるんです。

例えば、
プログラミングスクール
からおすすめされた企業で内定が出たとします。

一般的なスクールの場合、
内定を蹴った時点で
違約金を支払う義務が発生してしまいます。

しかし、
プログラマカレッジでは
違約金そのものがないので

内定を蹴り、
自分の本当に行きたい企業
を選ぶ自由が与えられているのです。

プログラマカレッジで
使えるプログラミング言語とスキルはどうか

カリキュラムは
Javaが中心になりますが
PHPも扱うことができるようになります。

というのも
色々な言語の求人があるらしく、
Javaでしか
就職できないというわけではないです。

  1. HTML, CSS
  2. JavaScript
  3. SQL(データベース言語)
  4. PHP
  5. Java
  1. Struts2(ストラッツ ツー/Javaのフレームワーク)
  2. jQuery(ジェイクエリ/JavaScriptのライブラリ)
  3. BootStrap(ブートストラップ/CSSのフレームワーク)

後述しますが、
初心者の段階から
Javaを扱えると
あとでめちゃくちゃ有利になります。

プログラマカレッジの
GEEKJOBと比べての強み

独学では絶対にできない
チーム開発ができる

GEEKJOBは基本的に
個別指導のような学習スタイルですが

プログラマカレッジは
チームでショッピングサイトを作ることができます。

チーム開発は
実際の会社の開発環境に近いため、

実務未経験者にとって
現場とのギャップを小さくできるでしょう。

GEEKJOBも最近では
チーム開発ができるようになったらしいです。

違約金がかからない

GEEKJOBの場合は、
14日までは違約金がかかりませんが、

それ以降に辞めた場合、
月12万円の違約金を払う恐れがあります。

あれ?プログラマカレッジは、
Ruby on Railsはできないの?

残念ながら
プログラマカレッジは
Rubyのカリキュラムはないです。

GEEKJOBはあるんですけどね。

Railsファンの方は
がっかりしたことでしょう。

Railsの場合は

ポテパンキャンプ
という自社開発限定の
プログラミングスクールがあるので

現在、
Railsを学習中の方は
そちらに行った方が確実にいいと思います。

ちなみに
2020年現在、
Railsでの就職はかなり激戦区となっています。

Ruby on Railsの自社開発企業の
転職難易度が急上昇しました。

Rails界隈では
こんなことが起こりました。

・自社開発といえど
railsの求人数はphpやjavaに比べれば少ない

・最近のインフルエンサーがこぞって、
railsをオススメするので
逆に競争率が非常に上がっている

・同様に求められる
ポートフォリオのレベルも上がっている。

・Rubyが
ブルオーシャンだった時代は終了した

・ツイッターでも
railsエンジニア志望の実務未経験者が大量にいる

だいたいインフルエンサーのせいです。

逆張りであえて
JavaやPHPを学ぶ戦略

前述の通り、
Ruby on Railsは
すでに未経験転職においては

美味しくない市場になってしまいました。

めちゃくちゃ転職しにくいです。

そこであえて、
JavaとPHPを学ぶことによって
ライバルの少ないところで戦うことができます。

最近では
Ruby
をプログラミングスクールで勉強したのに

PHPで
就職したというケースも多くなってきました。

やっぱり、
自分で学んだ言語で就職したいですよね。

なら最初から
JavaやPHP
を学んでおくべきだと僕考えてます。

Javaを中心に学ぶメリットとは

実は
javaは
SierやSESのイメージが
強いですが、
自社内開発の企業も多くあります。

エンジニアは遅かれ早かれJavaは学ばないといけいない

就職するときに
Rubyを学ぼうが、
PHPを学ぼうが、
Pythonを学ぼうが

後々高い技術レベルを身に着ける上で
javaを学ぶことは避けては通れません。

例えば、
JVM言語であるSucalaや
Kotilinは
Javaを学んでいると
かなり習得しやすくなります。

Sucalaは
関数型言語で
難易度が高く、

扱えるエンジニア
が少ないので年収が高くなります。

Kotlinは
Googleが公式にAndroid開発
で採用しているだけあって
今後はメジャーになっていくでしょう。

ちなみにAndroidは
今でもJ
avaが選択されるケースが多くなります。

つまり、
年収が高い
希少性のあるエンジニア
になりたいなら
Javaの学習
は不可欠なのです。

未経験エンジニアで費用を抑えたい人は行くべき

有料プログラミングスクール
だと70万くらいかかるところを
無料で学ぶのは超コスパがいいでしょう。

今はお金がない。

でも
将来的にはフリーランスになって
自由な働きかたをしたいという人には
至れり尽くせりなプログラミングスクールだと言えます。

↓したのリンクからプログラマカレッジに申し込むことができます。

ビデオ通話でプログラマカレッジの無料体験をして、エンジニアになる

コスパよく未経験からエンジニアを目指すためにプログラマカレッジの無料体験に申し込む

ちなみに
僕も2020年2月に無料体験行きました。
コロナ騒動
があるにも関わらず、
ほぼ満員でした。

みんな意欲的な人ばかりみたいですね。

もちろん
感染対策はバッチリです。

まとめ

・プログラマカレッジは
無料プログラミングスクール
なのにも関わらず違約金がないので
未経験エンジニア
にとってコスパ最強

・あえて
Javaを学習することでライバルを減らせる。

じゅうきちが最後に言いたいこと

未経験からエンジニアや
プログラマーになりたい人に
最後に言っておくことがあります。

先ほど
Rubyの話をしたように

未経験からエンジニアになるハードルは
ここ数年で確実に上がって行きます。

数年前なら
ちょっとプログラミングをかじったことある人
でも採用されましたが、

今は
ちゃんと勉強した人しか内定がでないようです。

それだけ
エンジニアやプログラマーになりたい人が
増えてきたということです。

じゃあどうすればいいのか?

とにかく
早く行動するしかないのです。

転職や就職が3ヶ月遅れるだけで
お金的にも時間的にもかなりの損失になります。

3ヶ月就職が遅れると
仮に月収20万円として

20万円×3 = 60万円
が入ってこないことになります。

また、
その3ヶ月間は
実務経験になること
を踏まえてもめちゃくちゃ重要です。

なので迷ったり、
検討する暇があるなら
速く無料体験なり説明会なりを
済ませてしまうべきです。

ビデオ通話でプログラマカレッジの無料体験をして、エンジニアになる

コスパよく未経験からエンジニアを目指すためにプログラマカレッジの無料体験に申し込む

ABOUT ME
ジュウキチ
ジュウキチ
本サイトを運営しているじゅうきちです。 【ITベンチャー採用担当兼IT転職コンサル】 大学中退浪人ニート →趣味でプログラミング →ネット情報は当てにならないと気づく →プログラマー 志望者のためにIT企業やスクールの取材をやった濃い経験をサイト、YouTubeで発信。 → 未経験者の相談を数多くこなす。