プログラミングスクール

Ruby(ルビー)を学びたい?東京のあのプログラミングスクールがおすすめ!

こんにちは、中田です。

最近では、Rubyを学習したいという人や、Rubyのエンジニア、Rubyの求人数が増えてきています。同時に、就職や転職で壁にぶつかる人も増えています。

今回は、
「Rubyを学びたい!」「Rubyエンジニアになりたい!」「web系自社開発に就職したい」
といった願いを叶えるために、特に関東圏にお住いの人にオススメのプログラミングスクールをご紹介します。

Rubyエンジニアやweb系自社開発企業への入社の難易度を説明してから、オススメのスクールを勧める理由や、そのスクールの詳しいことをご紹介していきます。

Rubyエンジニアやweb系自社開発企業への入社は甘くない!

結論から申し上げますと、タイトル通り厳しい世界です。

エンジニアの世界ではいろいろな言語がありますが、その中でもRubyのエンジニアの数は増えていってます。その要因の一つとしては、インフルエンサーがRubyを勧めることにあります。

Rubyをやる人が増えることにより、Rubyエンジニアのレベルが上がり、かつweb系自社開発企業の数も少なく求人数も少ないので、web系自社開発企業への入社は難しいのです。

なので、未経験はともかく、「プログラミングを数か月独学でかじってました!」や「ProgateでRubyは終わらせました!」といった程度では入社はほぼ不可能と言っても過言ではありません。

また、独学に変にこだわって、結局就職できずにただただ時間がすぎている人も少なくないです。

ここら辺は自分の胸に手を当てて聞いてみてください。

「今のスキルで就職できるのか」

「このまま就職できなかったらどうするのか」

「ポートフォリオ作りはうまく行っているか」

やはり確実な方法としては、やはりプログラミングスクールに通って、実践的な訓練を積むことです。

どんなスクールだとモダンな自社開発企業に入れるのかは後述します

「自社開発とは何なのか?」「SESとの違いは何?」といった疑問を持った方、自社開発企業への入社の難易度について知りたい方は、以下の記事を読むことをオススメします。

オススメは断然ポテパンキャンプ!

僕がオススメするプログラミングスクールは、やはり東京にある「ポテパンキャンプ」です。

ポテパンキャンプは基本的には東京のスクールへの通学型ですが、オンラインにも対応しているため、東京から遠方の人でも利用することが可能です。

ポテパンキャンプの特徴としては、まずRubyやRuby on Railsに特化しているということです。また、web系自社開発企業への転職のサポートがあったり、講師が現役のエンジニアであることも特徴です。

ポテパンキャンプでは、
・選抜キャリアコース
・選抜ビギナーコース
・オープンコース
この3つのコースに分かれています。

上2つの「選抜キャリアコース」と「選抜ビギナーコース」。
この2つのコースには選考があります。
選考では、今までの学習の進度や、やる気の度合いなどを見られます。

お仕事決まれば全額キャッシュバック!転職特化型Ruby実践研修【ポテパンキャンプ】

ポテパンキャンプの選考の一環である「カウンセリング」の申し込み方法について知りたい方は、下記の記事をご参照ください。

オススメする理由は?

僕がポテパンキャンプをオススメする理由は以下の3点です。

・web系自社開発企業への転職がほぼ100%出来る
・実践的なスキルを身に付けられる
・通学が可能


これらを順を追って説明していきます。

web系自社開発企業への転職がほぼ100%出来る

ポテパンキャンプでは転職のサポートがとても厚く、卒業生のほとんどがweb系の自社開発の道に進むことができています。

入社が難しいweb系自社開発企業への入社の可能性をかなり引き上げることができます。

実践的なスキルを身に付けられる

ポテパンキャンプでは、選考で基本的には経験者を採用するので、基本的な内容よりも実践的な訓練を行います。

web系自社開発企業では、即戦力が求められるので、スクールで実戦力を身に付けてから入社に挑むのが良いでしょう。

通学ができる

ポテパンキャンプは東京都渋谷区渋谷2-2-5クルスビル7階 にあり、東京に住んでいるひとならぜひ通いたいところです。

ポテパンキャンプではオンラインにも対応していますが、やはりスクールに足を運んで直接講師から教えてもらうのが一番いいでしょう。

東京在住で、Rubyを学びたいのであれば、やはりポテパンキャンプの一択に尽きます。

エンジニア転職専門のポテパンと急成長スタートアップCTOで運営する転職特化型Ruby実践研修【ポテパンキャンプ】

まとめ

以上の内容をまとめると、

東京(関東圏)に住んでいる人で、
「Rubyを勉強したい!」
「web系自社開発企業へ入社したい!」
「Rubyエンジニアになりたい!」
といった願望を持つ人は、ポテパンキャンプが是非オススメです。

ちなみにカウンセルはプログラミングの勉強としても有用なので絶対行くべきです。

特にRubyを独学しているならですね。

独学って詰まると時間がめちゃくちゃかかります。

その気分転換と方向性を見直すためにもカウンセリングは受けるべきなのです。

独学で勉強して結局就職が決まらずに無職ニートとか嫌じゃないですか。

お仕事決まれば全額キャッシュバック!転職特化型Ruby実践研修【ポテパンキャンプ】

ABOUT ME
nakata
nakata
こんにちは、nakataです。 私は現在、大学の情報系の学部に通いながら、授業や独学でプログラミングを勉強しています。 主に皆さんに役立つプログラミングに関する情報を発信していきますので、よろしくお願いします。
おすすめプログラミングスクールランキング
1位 プログラマカレッジ
個人的にかなりおすすめのスクールです。
なんといっても違約金なしで完全無料の貴重なプログラミングスクールになります。
自社開発に就職する方も少なくはなく、現役エンジニアが初心者レベルから丁寧に教えてくれます。
もし僕がお金がなく、今からエンジニアになるんだったらここを受講します!
受講料完全無料(違約金なし)
職種プログラマー・インフラエンジニア
受講期間3ヶ月
受講体制オンライン・オフライン

詳細記事公式LP

2位 techboost
現在、僕の友人が通っているプログラミングスクールです。当サイトにも卒業生の方が体験談を書いてくれていて、信頼できるスクールとしてランクインしました。
他と違うのはオーダーメイドカリキュラムだということ。
未経験からエンジニアになるのに必須な「成果物」をオリジナルで作ることができます。
また、他の有料プログラミングスクールに比べ、料金が安いです!
受講料月額29,800円
職種プログラマー、WEBエンジニア
受講期間3ヶ月~
受講体制オンライン・オフライン

記事公式ページ

3位 GEEKJOB
僕の友人であるM君が通っていたプログラミングスクールになります。M君はFランク大学出身とかなりの不利な状態でしたが、無事優良IT企業にプログラマーとして就職することができました。
現在はインフラエンジニアのみ無料ですが、なるべく速く就職したいという方に非常に人気です。
受講料無料(2週間以内なら違約金なし)
職種インフラエンジニア
受講期間一ヶ月
受講体制オンライン・オフライン

詳細ページ公式ページ